シャンプー後の抜け毛に愕然!育毛剤で早めのハゲ予防

育毛剤を使った生活を続けること

薄毛の状態に悩んでる場合は、毎日の生活バランスを改善する事を優先にしていきます。

 

これは髪の毛が生えてくる夜間の時間帯に上手く中止しているように生活バランスを調整するのです。

 

最近はテレビやパソコンなどで楽しめるコンテンツが多いので、つい夜遅くまで起きている事があります。

 

そんな状況になると、髪の毛が振り返られる時間帯に起きてしまっている状態があるのです。

 

就寝していないと髪の毛がうまく再生されていかないので、早めに就寝できる様に考え方を変えるのです。

 

夕食を早めに摂取する方法と、眠りやすくするためにお風呂に浸かって体を温めるのです。

 

お湯の中に体をつけて体温を上昇させれば、副交感神経が有意な状態になり就寝しやすい状態になります。

 

就寝前には育毛剤をつけて育毛マッサージをするのです。

 

これにより頭皮に栄養分が集まる最も良い条件で就寝することが可能になります。

 

この時に使う育毛剤は、含有している成分をチェックして最も良いタイプを使うべきです。

 

それとは対照的に、朝に使う育毛剤は時間がないのでミストタイプでサッと頭皮につけて数秒間でマッサージをするだけの方法にするのです。

 

このように生活バランスを整えて、しっかりと育毛剤を使っていくことが大事です。

 

おすすめ育毛剤

育毛剤のタイプ

 

最近髪の毛が怪しくなってきたなと思った時、育毛剤を試してみようと考えるのではないかと思います。

 

ですが市場を覗いてみると数多くの育毛剤が販売されています。

 

いざ使用してみようと思い立っても、その中からどれを選んだら良いのかわからないといったこともあるのではないでしょうか。

 

闇雲にただなんとなくで決めた育毛剤は自身の欲している効果がないという可能性もあるため、種類を把握しておくことが必要となってきます。

 

育毛剤は大きく分けると3つのタイプに分けることができます。

 

まずは血行を促進してくれる効果があるものです。

 

こちらはミノキシジルやフロジン液など血行促進作用のある成分が含まれており、毛細血管を広げ、血流をよくすることができます。

 

髪の毛は毛根にある毛母細胞が分裂や増殖を繰り返す事によって生えてくるのですが、それには血液が必要なのですね。

 

続いて男性ホルモンを抑制、または女性ホルモンを含んでいるといったホルモンに関わってくるものがあります。

 

男性の方が髪の毛で悩むことが多いことから、原因は男性ホルモンにあるという結論に至るわけです。

 

そして最後は栄養を補給するものです。

 

毛母細胞へ栄養を補給する事によって毛母細胞を活性化させ、質の良い髪の毛を育てることを目的としています。

ついに使用を始めることにした育毛剤

 

細毛と抜け毛が進行している状況に大きな焦りを感じていました。

 

特に、ここ数カ月で状況はより深刻になっており、頭頂部の周辺は地肌が目立つような状態になっています。

 

まだ大丈夫だと思っていたのですが、このままでは状況は悪化する一方な気がしたので、ついに育毛剤の使用を始めることにしました。

 

購入したのはインターネット通販です。

 

インターネット通販で育毛剤を調べてみると、かなりたくさんの種類がありました。

 

購入した育毛剤は、育毛の他、養毛や脱毛予防などにも効果があると紹介されていました。

 

また、価格も結構安かったので、初めて使用するには丁度良い育毛剤だと判断し、購入しました。

 

ノズルをプッシュすると、霧のように育毛剤が出てくるので、塗るのはとても楽です。

 

頭頂部や前頭部、側頭部、生え際などに育毛剤を塗り、マッサージで頭皮に馴染ませます。

 

これを朝と晩の毎日2回続けてみました。

 

育毛剤の効果を感じられるようになったのは、使用を始めて3か月の頃です。

 

3か月くらいで効果が無ければ別の育毛剤を試すつもりでした。

 

しかし、使い続けたことによって抜け毛が減少し、細毛にも効果がありました。

 

まだ満足していないので、もう少し同じ育毛剤の使用を続けます。